鳥取看護大学

トップページ > 学部・大学院 > 看護学部看護学科 > 在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ

    描いていた道のり。

    ものごころついたときから、医療系への憧れがありました
    高校の進路選択で看護師に道を定め、「まちの保健室」など地域と深く関わりながら4年間かけてじっくり学べる鳥取看護大学へ。
    看護師が自分に向いているか、人命を預かって職務を行っていけるか、いまも不安はあります。
    でも、夢に向かって勉強するのは、楽しい。
    患者さんの一番近くに寄り添い、療養生活を和らげられる看護師をめざします。
    看護学部看護学科 Yさん(島根県出身)
    身近な存在がくれた夢、思い描く看護師に近づいていく
    祖母と従姉妹が看護師で、彼女たちのような頼れる存在になりたいとこの道に入りました。
    人と話すのが好きですし、技術があれば世界のどこでも働けるのも魅力です。
    学び始めてから、まちで高齢者を見かけると健康な状態を保つための支援を自然と考えるようになりました。
    入学前から抱いていた「患者さんに治療を続ける勇気・元気を与えられる看護師になりたい」という夢に向かって励んでいます。
    看護学科 Oさん(鳥取県出身)
    肌で感じる高齢者の増加、一番近くで寄り添いたい
    初めて家族が入院したのは、小学生のとき。
    思うように動けず落ち込む曾祖母と、かける言葉が見つからない私たち家族に、看護師さんは心から親身に寄り添ってくれました。
    その姿に将来を夢見て、鳥取看護大学へ。
    勉強は思ったよりハードですが、高齢化が進む地域に尽くすためがんばっています。
    私が出会った看護師さんのように、患者さん本人だけでなくそのご家族も、身体だけでなく心もケアする看護師をめざします。
    看護学部看護学科 Oさん(鳥取県出身)

    その先に見えてきた未来。

    地域への愛着を育んでくれた「鳥取看護大学」での4年間に感謝
    私は、生まれも育ちもずっと倉吉市。
    他県への憧れもありましたが、4年間この大学で学び、地域との関わりを深めていくなかで、徐々に地元への愛着が育まれていきました。
    就職も県内と決め、鳥取県の保健師に採用が決まりました。
    鳥取看護大学で学べて本当に良かったと、いま心から思います。
    看護学部看護学科 Iさん(鳥取県出身)
    先生方、地域、仲間に支えられ、迷いから抜け出して看護師に
    実習先で自信をなくし、一度は看護職以外の就職を考えました。
    そのとき励みとなったのは、ともに学ぶ仲間の真剣な姿でした。
    先生方にも努力を認められ、私はその実習先と同じ重度心身障害の分野を就職先に決めました。
    大学や地域で授かった教えを私なりに実践し、深めていきます。
    看護学部看護学科 Mさん(鳥取県出身)
    海外よりまず、地域、国内。気づかせてくれた地域での学び
    子どものころから助産師をめざして一直線。
    その夢は今も変わりませんが、鳥取看護大学で地域の方々に学ばせていただき、かつて思い描いた海外よりも、まず身近な人たち、国内で医療が届かない人たちに目が向くようになりました。
    卒業後は進学し、さらに技術を高めたいと考えています。
    看護学部看護学科 Kさん(鳥取県出身)
    不安や恐れを知って、本当のかっこよさが見えた
    かっこいい、楽しそう。めざした動機は軽かった。
    しかし実習で現場の緊張感に圧倒され、学ぶにつれ不安と恐れを知りました。
    人のために尽くす看護師はやっぱりかっこいい、
    この進路で良かったと心の底から感じました。
    これから理想とする姿を、自分なりに追求していきたいと思います。
    看護学部看護学科 Nさん(鳥取県出身)

    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ