鳥取看護大学

トップページ > 学部・大学院 > 看護学部看護学科 > 4年間の学び・カリキュラム

4年間の学び・カリキュラム

    本学の教育課程は7分野からなり、それらを学年進行にそって段階的に学修できるよう配置しています。特に教育課程のひとつに「地域包括支援分野」を設け、地域における看護を重視していることが本学の特徴です。高度な看護ケアの修得はもちろんですが、さらに地域包括ケアシステムを軸とする看護実践を学びます。地域医療・在宅医療を支える看護職として、地域に貢献できる人材となることをめざします。

    カリキュラム [ 2022年度入学生用(予定) ]




    専門基礎
    看護学概論
    基盤看護技術A基礎論
    基盤看護技術A実践論
    基盤看護技術B基礎論
    基盤看護技術B実践論
    看護理論
    基盤看護学実習Ⅰ
    地域包括支援
    地域志向基礎論
    地域志向基礎実習





    人体の構造と機能A
    人体の構造と機能B
    人体の構造と機能C
    人体の構造と機能D
    代謝学・栄養学
    感染免疫学
    公衆衛生学






    スタディスキル
    アカデミック
    ・ライティング
    人間学
    心理学
    教育学
    ホスピタリティ論
    山陰論
    まちの創生論
    多文化共生論
    化学
    生物学
    統計情報処理Ⅰ
    統計情報処理Ⅱ
    英語A(基礎英語)
    英語B(英文講読)
    英語C(英会話)
    中国語
    韓国語
    日本語表現演習
    健康科学
    実践スポーツ



    専門基礎
    看護倫理学
    援助的人間関係論
    基盤看護技術C
    基盤看護技術D
    基盤看護技術統合演習
    基盤看護学実習Ⅱ
    専門実践
    成人看護学概論
    成人看護学援助論A
    成人看護学援助論B
    母性看護学概論
    小児看護学概論
    地域包括支援
    老年看護学概論
    精神看護学概論
    在宅看護学概論
    在宅看護学援助論
    地域志向実践論
    地域志向実践実習
    看護統合
    家族看護学
    リスクマネジメント論
    リフレクション論と実践
    災害看護論
    保健師教育
    公衆衛生看護学概論
    公衆衛生看護活動展開論Ⅰ





    薬理学
    看護病態学
    看護病態学演習
    疾病論A
    (消化・呼吸・血液)
    疾病論B
    (循環・泌尿・内分泌)
    疾病論C
    (母性・小児)
    疾病論D
    (脳神経・運動・精神)
    疾病論E
    (感覚・免疫)
    社会福祉・社会保障論
    関係法規
    保健統計学






    スピリチュアリティ論
    文学
    日本国憲法
    人権論
    手話



    専門実践
    成人看護学援助論C
    成人看護学援助論演習
    急性期看護学実習
    慢性期看護学実習
    母性看護学援助論
    母性看護学援助論演習
    母性看護学実習
    小児看護学援助論
    小児看護学援助論演習
    小児看護学実習
    地域包括支援
    老年看護学援助論
    老年看護学援助論演習
    認知症ケア論
    老年看護学実習
    精神看護学援助論
    精神看護学援助論演習
    精神看護学実習
    在宅看護学援助論演習
    地域志向展開論
    看護統合
    看護活動と研究
    生活リハビリテーション論
    保健師教育
    学校保健
    産業保健
    公衆衛生看護活動展開論Ⅱ





    疫学
    臨床心理学演習



    地域包括支援
    在宅看護学実習
    地域志向展開実習
    看護統合
    看護学統合研究
    国際看護論
    看護総合
    看護管理学
    看護教育学
    看護学統合実習
    保健師教育
    公衆衛生看護活動展開論Ⅲ
    公衆衛生看護管理論
    公衆衛生看護活動展開論実習
    公衆衛生看護管理論実習





    解剖学演習
    保健師資格必修
    養護教諭二種資格必修
    養護教諭二種資格選択(英語B・英語C・中国語・韓国語から1科目選択)

    看護学統合研究 看護統合分野 4年次

    4年間学んだ看護学の集大成として、自分のテーマを定めて看護研究を行います。文献検討を行って研究計画書を作成するところから始め、結果の分析、論文作成、研究発表まで実践します。少数のゼミナール形式で、討論を重ねながら看護に対する視野を広げ、自分の看護観を明らかにしていきます。このプロセスをとおして、将来にわたって看護研究に向き合う力を養う科目です。

    認知症ケア論 地域包括支援分野 3年次

    認知症の方のQOL(Quality of Life)の向上にむけて、日常生活・社会生活に適応するための生活環境のととのえ方、健康と尊厳ある生活を支援するための援助方法を学びます。また、ご家族がかかえる諸問題と、それらのサポートシステムについての理解も深めます。

    看護倫理学 専門基礎分野 2年次

    「倫理とは」「看護倫理とは」を学生のみなさんとともに紐解き、看護職に必要な倫理に関する基礎的知識を学び、人を大切にする意味を問い直します。さらに現代の看護を取り巻く倫理的課題を分析・考察し、倫理的感受性を高め、人に寄り添う力を育成する科目です。

    人体の構造と機能A~D 専門支持分野 1年次

    看護の対象となるひとを理解するために、体の正常な構造と機能を学び、疾病やその予防の理解への礎を築きます。生命に対する倫理についても考えます。

    人間学 基礎分野(教養) 1年次

    「人間とは何か」「人間はなぜ生きるのか」という問いに向き合いながら、さまざまな人間観・人生観についての学説を学びます。自分のこれまでの生きざまを振り返り、今後の生き方や看護のあり方を考える科目です。


    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ